便利なはずの無人売店「Bodega」がSNSで大炎上/企業に求められる「消費者への共感と貢献」とは

https://markezine.jp/article/detail/27142

海外の無人キオスクサービスが社名で炎上、気を付けよう。という記事です。
記事中、事前調査では問題が無かったのにふたを開けてみれば大炎上、ということが書いてありますが、推しはかれない不測の事態というのが増えているように感じます。

全てを考えることは不可能と思いますが、サービスを展開する際にどれだけの人が関わるものでその人々はどのような人かを感情面でも「わかっている」ことが大事になるのかなと思いました。

関連まとめ

デジタルマーケティングの関連記事

  • 「プロテイン女子」に注目、プロテインの普及に挑戦する若きマーケター

    「プロテイン女子」に注目、プロテインの普及に挑戦する若きマーケター

  • リクルート「SUUMO」がAirbnbと業務提携、民泊事業へ参入

    リクルート「SUUMO」がAirbnbと業務提携、民泊事業へ参入

  • インフルエンサーマーケティング|2017年の総括と2018年に注目すべき4つのポイント(前編)

    インフルエンサーマーケティング|2017年の総括と2018年に注目すべき4つのポイント(前編)

  • 米国発「WeWork」が日本で狙うオフィス革命

    米国発「WeWork」が日本で狙うオフィス革命

  • メルカリが年内にも仮想通貨交換業の登録申請へ――フリマアプリ内での決済に対応

    メルカリが年内にも仮想通貨交換業の登録申請へ――フリマアプリ内での決済に対応




メールアドレスが公開されることはありません。